雨漏りの放置が危険な理由

雨漏りというと、雨の日に部屋の中にバケツや洗面器を置いて

家族であたふた…という、漫画やアニメの一コマのような

くすっと笑えてしまうようなものというイメージをお持ちではありませんか?

 

実は、実際の雨漏りは

放置していると建物全体に被害が及んでしまうかもしれない

重大なSOSサインなんです。

 

通常、住宅などの建物は

内部に雨水が侵入しないよう、防水や排水のための対策をしっかり行っています。

しかし屋根の不具合や雨どいの破損などで雨漏りが発生すると

建物内部が腐ってしまい、大掛かりなリフォームにまで発展してしまう恐れがあります。

 

雨漏りは、早めの対処なら被害も最小限に抑えられます。

天井にシミがある、雨樋が壊れて雨の日の水がひどいなど

何かしらの異常を見つけたら、できるだけお早めに弊社までご相談ください。

迅速に対応いたします!

 

 

栃木・宇都宮の『建築板金 神山』は、まかせて安心の屋根の専門店です。

全ての工程を自社施工で行うため、お問い合わせからアフターサービスまで

責任を持ってサービスをお届けいたします。

 

屋根工事・雨漏り修理・雨樋の修繕・外壁リフォームなどでお悩みの際は

『建築板金 神山』まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

今人気の金属系サイディング、ガルバリウムとは?

建築板金 神山では、屋根だけでなく外壁工事も承っています。

特に弊社ではサイディングを活用した外壁工事をおすすめしています。

 

サイディングとは、外壁に貼る板状の外装材の総称です。

多くの住宅で見かけるものは窯業系サイディングと言い、

定期的に大掛かりな塗装を行って耐久性を保っています。

 

弊社のおすすめは、今若い方の間でも人気の高い金属系サイディングです。

モルタル外壁や窯業系サイディングを使用している建物でも

金属サイディングを用いた外壁リフォームが可能です。

 

かつては金属系サイディングと言えばトタンのイメージでしたが、

現在ではガルバリウム鋼板を使用したものが

金属系サイディングのシェアナンバーワンを誇っています。

 

ガルバリウム鋼板は腐食しにくく耐久性の高い金属板で、

モダンな印象の外観に仕上げたい方にもぴったりの外壁材です。

おしゃれな家に生まれ変わらせたいという方に

ぜひおすすめしたい外壁リフォームです!

 

 

栃木・宇都宮の『建築板金 神山』は、まかせて安心の屋根の専門店です。

全ての工程を自社施工で行うため、お問い合わせからアフターサービスまで

責任を持ってサービスをお届けいたします。

 

屋根工事・雨漏り修理・雨樋の修繕・外壁リフォームなどでお悩みの際は

『建築板金 神山』まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

雨漏りの原因箇所はどのように調べるの?

雨漏りを調べる場合、2つの確認方法が一般的です。
まず1つが、外装部分の確認。
屋根のひび割れや屋根材のズレ、雨樋のズレ、ひび割れなどをチェックしていきます。

もう1つが内装部分の確認。
内装部分を確認する場合、部屋やクローゼットに点検口が設置されていますので、そこから作業員が中に入って内壁の下地材や内壁材の確認していきます。

残念ながら雨漏りが発生しているということは、外装から内装にかけてほとんどの場所で損傷が見られる状態です。

例えば屋根のひび割れがきっかけだったとしても、内装材まで雨水が浸透してしまえば、雨ジミや腐食の発生が避けられません。

そうなると、全体的な修復作業が必要になってきます。

雨漏りが発生した際、まずはその箇所の屋根材を剥がし、ルーフィングシートの張替えや下地材の交換作業を行います。

ルーフィングシートは広い範囲を覆う防水シートのことです。
例え雨漏りが発生している箇所が狭いエリアに限定されていても、ルーフィングシート自体は大きいので、少なくとも3メートル範囲での修復が必要になってきます。

既存のルーフィングシートの上に再びルーフィングシートを重ねるといった方法もありますが、既存の下地材などが濡れてしまっていることを考えると、改めて取り替えることをお勧めします。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

屋根材の一部交換はどれぐらいの費用になる?

栃木県宇都宮市を拠点に屋根や外壁の修復工事を行っている神山です。

屋根が損傷してしまって、修理が必要というご依頼を多く頂戴します。
そういったケースで「費用はどれぐらいになるのか?」というお問い合わせがあるので、目安をご紹介しましょう。

ストレート屋根材の補修:1万円から3万円程度
瓦屋根の補修:1万円から5万円程度

部分的な補修でしたら、大体5万円程度でおさまることが多いです。
あとは屋根材を何枚剥がすか、下地のルーフィングシートまで影響が出ているのか、によって補修範囲と費用が変わってきます。

最近は瓦屋根よりストレート屋根材のお宅が増えてきました。
ストレート屋根材は素材自体とても軽く、費用的にも瓦屋根ほどはかかりません。

例えば修理した時に3、4枚ほど張替えが必要になった場合でもそれほど高い費用は発生しないでしょう。

ただし、屋根を補修する際、棟板金の交換も必要になってくると20万円以上かかってしまいます。
棟板金とは、屋根のてっぺん部分にある金属製の部品のことです。

屋根を固定する役割のあるものです。
この部分付近の修理が発生した場合は20万円~50万円程度かかってしまうことも想定しておきましょう。
屋根の修理なら神山にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

外壁の耐火性、防水性を高めたいなら神山へ

屋根や外壁の修復、リフォーム工事を行っている神山です。
近年優れた外壁材が登場していて、耐火性、防火性に優れたものが存在します。

さらに、そういった優れた資材を導入した後に防水工事も行えば、雨水をきれいにはじき、汚れも付きにくくなります。

外壁材はだいたい築10年から15年ほど経つとリフォームや補修を行う方が多いです。

外壁リフォームを検討するタイミングとしては、表面のひび割れや変色、チョーキング現象などが現れたタイミングが補修の考え時です。

チョーキング現象とは、表面の塗料が粉っぽくなってしまう状態です。(チョークのような形状になるのでチョーキング現象と呼ばれます)

外壁の表面を手で触って、粉っぽいものが付いてしまったら外壁の張替えや塗装の塗り直しを検討した方が良いです。

また、外壁材に特に問題がなくても、外壁材の間のシーリング材の硬化や収縮が始まっていたら、その段階でも修繕を検討した方が良いでしょう。

シーリング材は外壁材のつなぎ目にある柔らかい接着剤のようなものです。

本来なら、外壁材と均等な高さで塗られていますが、時間が経つと収縮し、凹んだような状況になります。

外壁の劣化が気になるようでしたら、神山にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く