雨漏りの原因は屋根だけではないから要注意

雨漏りが起こると、どうしてもその原因は屋根からだろうと思ってしまうと思いますが、雨漏りの原因は屋根だけではありません。

屋根が破損していたり、経年劣化によって傷んでいるから雨漏りが起こるのだろうと思っていたら、屋根ではなく外壁だった。または、ベランダや排水口からの雨漏りだったと、意外な雨漏りの原因に驚かされる人も少なくありません。

外壁の破損や経年劣化による雨漏りは、主に外壁部分のひび割れやコーキングが劣化することによって起こるもので、幅が3ミリ以上のヒビが入ってしまうと、残念ながら雨漏りを起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、コーキングの10年という耐用年数を超えてくるとひび割れたり、剥がれていくので、コーキングのメンテナンスな修繕もとても重要です。

外壁やコーキング以外にも、建物に設置しているベランダの様々な部分からの雨漏りも少なくありませんし、排水口の部分の劣化や詰まりが原因となることもあるので、雨漏りがどこからきているのかは、プロの職人・会社を利用して行うことが大切です。

雨漏りが起こったり、雨漏り対策として安心して利用できる建築板金神山の利用をぜひご検討ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

雨漏りの原因はやっぱり屋根?!

雨漏りの原因は、屋根の劣化や破損によるものというイメージを強く抱いている人は圧倒的に多いと思います。

しかし実際に雨漏りの原因を突き止めてみると、屋根の劣化や破損によるものがダントツで多いというものではなく、様々な原因によって起こるケースも多いです。

建築板金神山では、様々な雨漏りを起こしている建物に対して、雨漏りの原因、場所の特定、修繕をしっかり行ってきている実績がありますので、安心してお任せすることができると思います。

これまで多くの雨漏りの修理に携わってきた経験から、建築板金神山では、屋根の経年劣化や破損以外にも、外壁の経年劣化や破損、コーキング部分の劣化、ベランダの部分の経年劣化や破損、排水口の破損や劣化などがあり、雨漏りしている部分からたどり、雨漏りの原因を追究していきます。

雨漏りの原因を特定すると、最適な修繕方法の提案、予算や工期の提案を行っていきます。もちろん、雨漏りが起こっている部分に対しては、それ以上の雨漏りが起こらないように簡易的な修繕を行った後に、雨漏りが起こっている箇所や原因の追究などを行っていくので、雨漏りしたままの状態で過ごさなければならないという心配は無用です。

雨漏りが起きてしまった時には、信頼できる建築板金神山に一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

歪んだり壊れた雨樋を見つけたら修繕を

雨樋は屋根に当たった雨水を地上に運ぶ役割があるものです。

雨樋がないと、屋根に当たった雨水が、外壁などの建物につたって流れていってしまいます。

材質は、樹脂から金属製までさまざまで、形状も半円型や角型、雪の多い地方では雪の重みから樋を守る形状などが用いられることがあります。

最も価格が安い材質は、塩化ビニール素材になりますが、強い紫外線や雨風に当たるため劣化が早く破損しやすく、樹脂製や金属製を採用することが多いといわれています。

近年は、DIYブームで、YouTubeなどのSNSで大工仕事の方法なども紹介されているようです。

こういったサービスを視聴して住宅の他にも、物置や倉庫として使用している小屋などの場合では、コストを抑えるために塩化ビニル素材をDIYで設置される方もいるようですが、劣化のデメリットも検討して材質を選ぶことをおすすめします。

雨樋は歪んでいる、亀裂が入っている、穴が空いている、樋が泥などで詰まって雨が降った時に樋から水が溢れてしまうといった場合は、できるだけ早く雨樋のリフォームを行うことをおすすめします。

栃木県宇都宮市を中心としたエリアにて、屋根工事や雨漏り補修などの専門業者をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

外壁のリフォームで建物をしっかり守る

外壁のリフォームは頻繁に行う工事ではありませんが、建物を守るためにもとても大切なメンテナンス工事です。今回は、外壁のリフォームについてお話しします。

外壁は、建物の外側となって四方を覆うもので、外壁を装飾するサイディング材やモルタル、タイル、ALCパネル(軽量気泡コンクリート素材)などの材質があります。

建物の見映えを考えたとき、窓ガラスやベランダといった部分の面積よりも外壁材の面積の方が多く、視界に入ってくる情報として、外壁の美しさや屋根の色などが家のイメージにつながることが多いです。このため、できるだけ外壁を美しく維持することを心がけることをおすすめします。

また、見た目もとても大事ですが、外壁には、雨風から建物を守るという重要な役割を持っています。

外壁に塗装や防水工事を行うことで、外壁から建物内部に水が侵入することを防ぐことができるのです。

壁から雨漏りをするというのはイメージしにくいかもしれませんが、建物内部の建材が雨水を含まないためにも、外壁塗装やコーキング工事は必要なメンテナンスです。

栃木県宇都宮市を中心としたエリアにて、屋根工事や雨漏り補修などの専門業者をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

劣化した屋根のメンテナンスはできるだけ早く行うことが大切

新築住宅を購入してから20年30年と経過した住宅や中古住宅を購入して、もし一度も屋根のメンテナンスを行っていない場合は、一度屋根の点検を行うことをおすすめします。

屋根に使用されている材質によっては、確かに20年や30年、それ以上も持つといわれるものもありますが、全くメンテナンスを行っていない場合は、屋根の劣化が進んでいて、手を加えることでボロボロと崩れてしまう可能性もあります。

というのも、屋根を保護するために塗装を行う際には、事前に屋根を洗浄して汚れやゴミを取り除いてから塗装を行います。この洗浄作業によって、屋根が破損することも考えられます。

もし、洗浄作業で屋根が破損してしまう状況は、長年強い紫外線や雨風に耐えていた屋根の寿命がやってきたと考えられ「屋根の葺き替え工事」や「屋根をカバーする工事」が必要となります。

持ちのよい屋根素材を使用していたとしても、定期的に点検や屋根塗装を行い、屋根自体をしっかり保護して守ってあげることが、屋根の劣化を防ぐためにも、建物寿命を長くするためにも大切なことです。

栃木県宇都宮市を中心としたエリアにて、屋根工事や雨漏り補修などの専門業者をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く