●雨樋は家の腐食を防ぐ重要なもの!早めの工事で家を長持ちさせよう

雨樋とは雨から建物を守る重要なもの。

軒先や建物の端に取り付けられており、屋根から落ちる雨水を受け止めて、管や鎖を伝わらせ上から排水設備へと雨水を流します。

雨樋があることで雨水から建物を守り、建物の土台や外壁が傷むのを防いでくれます。

しかし、いくらしっかりと作られた雨樋でも年数が経過するとどうしても劣化や破損が起きてきます。

また、落ち葉やゴミや砂が詰まったり、厳しい自然環境の場所であればあまり年数が経過していなくても破損してしまう場合があります。

雨樋が壊れると雨漏りの発生を高めたり、近所の方や通行人の方に大量の水がかかるなどのトラブルを引き起こす可能性があり、多くのリスクがあり、メリットは何もありません。

最悪の場合は雨漏りだけではなくカビやシロアリ被害を発生させ、多額のリフォーム費用が掛かってしまう場合も。

雨樋は5年おきなど定期的な点検やメンテナンスを行うと安心。

もし少しでも破損や劣化に気づいた場合は早めに修理を行うことが大切です。

栃木県で雨漏りや雨樋のトラブルに困った時は宇都宮市にある「建物板金 神山」におまかせ!

一般個人宅からマンションまでこなし、ニーズに合わせた対応で安心して修理が行えます。

全て自社施行であり、最初から最後まで責任をもってサービスを提供。

資格を持った腕にこだわりのある職人が丁寧に心を込めて作業いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

 

メニューを開く