屋根や雨樋の劣化は気が付きにくい場所

一軒家の場合、屋根の状態というのは把握しにくいものです。

というのも、一般の方が屋根に上がって屋根の破損をチェックすることは、大変危険をともなうためおすすめできるものではありません。

屋根からもし落下した場合、骨折などの大怪我だけでなく命を落としてしまう可能性があるからです。

 

しかし、屋根のメンテナンスを全く行わずにいた場合、雨漏りを起こしたり建物の寿命を短くしてしまう可能性があります。

屋根のリフォーム(塗り替えや張り替え)は、頻繁に行うものではないためつい忘れがちになってしまいますが、何十年も全く何もしていないという場合は、専門業者に屋根の状態をチェックしてもらうことをおすすめします。(最近では、ドローンを使った簡易的な検査を行う会社もあるようです。

 

屋根だけでなく、以外に見落としがちな部分が雨樋の劣化や破損です。

そもそも大雨のときに外に出ないので、わかりにくい部分ではありますが、雨樋が落ち葉や泥、自生した雑草などで詰まっていたり、劣化で割れてしまっている、歪みが出ている、雨樋を止める金具が取れてしまっている場合なども正しく雨水が流れないことが、外壁や建物への水の侵入につながる可能性もあります。

 

建築板金神山は、屋根工事や外壁サイディング、雨漏り修理、雨樋工事、板金工事など屋根に関することならお任せください。
当店は全て自社施工で行なっておりますので、お客様の要望に合わせて柔軟に工事内容を変更することも可能です。
宇都宮市周辺で屋根工事を検討されている方はぜひお問い合わせください。

屋根や雨樋のチェックやリフォームについてのお問い合わせはこちらから

メニューを開く