劣化した屋根のメンテナンスはできるだけ早く行うことが大切

新築住宅を購入してから20年30年と経過した住宅や中古住宅を購入して、もし一度も屋根のメンテナンスを行っていない場合は、一度屋根の点検を行うことをおすすめします。

屋根に使用されている材質によっては、確かに20年や30年、それ以上も持つといわれるものもありますが、全くメンテナンスを行っていない場合は、屋根の劣化が進んでいて、手を加えることでボロボロと崩れてしまう可能性もあります。

というのも、屋根を保護するために塗装を行う際には、事前に屋根を洗浄して汚れやゴミを取り除いてから塗装を行います。この洗浄作業によって、屋根が破損することも考えられます。

もし、洗浄作業で屋根が破損してしまう状況は、長年強い紫外線や雨風に耐えていた屋根の寿命がやってきたと考えられ「屋根の葺き替え工事」や「屋根をカバーする工事」が必要となります。

持ちのよい屋根素材を使用していたとしても、定期的に点検や屋根塗装を行い、屋根自体をしっかり保護して守ってあげることが、屋根の劣化を防ぐためにも、建物寿命を長くするためにも大切なことです。

栃木県宇都宮市を中心としたエリアにて、屋根工事や雨漏り補修などの専門業者をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く