歪んだり壊れた雨樋を見つけたら修繕を

雨樋は屋根に当たった雨水を地上に運ぶ役割があるものです。

雨樋がないと、屋根に当たった雨水が、外壁などの建物につたって流れていってしまいます。

材質は、樹脂から金属製までさまざまで、形状も半円型や角型、雪の多い地方では雪の重みから樋を守る形状などが用いられることがあります。

最も価格が安い材質は、塩化ビニール素材になりますが、強い紫外線や雨風に当たるため劣化が早く破損しやすく、樹脂製や金属製を採用することが多いといわれています。

近年は、DIYブームで、YouTubeなどのSNSで大工仕事の方法なども紹介されているようです。

こういったサービスを視聴して住宅の他にも、物置や倉庫として使用している小屋などの場合では、コストを抑えるために塩化ビニル素材をDIYで設置される方もいるようですが、劣化のデメリットも検討して材質を選ぶことをおすすめします。

雨樋は歪んでいる、亀裂が入っている、穴が空いている、樋が泥などで詰まって雨が降った時に樋から水が溢れてしまうといった場合は、できるだけ早く雨樋のリフォームを行うことをおすすめします。

栃木県宇都宮市を中心としたエリアにて、屋根工事や雨漏り補修などの専門業者をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く