雨漏りの原因は屋根だけではないから要注意

雨漏りが起こると、どうしてもその原因は屋根からだろうと思ってしまうと思いますが、雨漏りの原因は屋根だけではありません。

屋根が破損していたり、経年劣化によって傷んでいるから雨漏りが起こるのだろうと思っていたら、屋根ではなく外壁だった。または、ベランダや排水口からの雨漏りだったと、意外な雨漏りの原因に驚かされる人も少なくありません。

外壁の破損や経年劣化による雨漏りは、主に外壁部分のひび割れやコーキングが劣化することによって起こるもので、幅が3ミリ以上のヒビが入ってしまうと、残念ながら雨漏りを起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、コーキングの10年という耐用年数を超えてくるとひび割れたり、剥がれていくので、コーキングのメンテナンスな修繕もとても重要です。

外壁やコーキング以外にも、建物に設置しているベランダの様々な部分からの雨漏りも少なくありませんし、排水口の部分の劣化や詰まりが原因となることもあるので、雨漏りがどこからきているのかは、プロの職人・会社を利用して行うことが大切です。

雨漏りが起こったり、雨漏り対策として安心して利用できる建築板金神山の利用をぜひご検討ください。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く