2番目に雨漏りが多いバルコニーと陸屋根

バルコニーや陸屋根での雨漏りは、「外壁の開口部」についで2番目に多いそうです。

住宅瑕疵保険会社である日本住宅保証検査機構(JIO)では、2017年3月にまとめた最新の調査で
2008年から2017年までの過去10年間における新築住宅の瑕疵保険の雨漏り事故を対象に
発生割合の多い部位を調べたところ、上記のような結果で全体の22.1%を占めています。



その内訳は、次のようになっていて、笠木回りがとくに危ないことが分かります。

・笠木回り(勾配屋根を含む)    50.1%
・防水層              27.0%
・防水層と外壁、サッシの取り合い部 22.9%


笠木の下の天端は、水平になっているので、浸入した雨水は特に溜まりやすく
下地の木材や胴縁などに徐々に浸透して、腐食を招く恐れもあります。
この点が、傾斜のある屋根とは大きく異なる点で、注意が必要なところです。



また、笠木回りの雨漏りの多い理由は、もう一つあります。
それは「お手本」とすべき標準的なおさまりが確立されていないことにあります。
なかには、笠木の脳天くぎ打ちは厳禁とされていますが天端にサイディングを裏張りするケースもゼロではありません。

お住まいの外装廻りを見て回ったときに、何か気になることがありましたら
お近くの外装施工会社に相談することをおすすめしています。



栃木県宇都宮市にある「建築板金 神山」では屋根や外壁、雨樋など外装廻りの施工を取り扱っております。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

軒ゼロの屋根と雨漏りの関係

近年、外観の意匠性をあらわした屋根デザインのひとつとして「軒ゼロの屋根」をよく見かけます。
住宅デザインの流行もあって、こうした屋根は増えてきているようにも感じます。

しかし、軒ゼロ屋根は雨漏りのリスクが高きことも分かってきています。
屋根と壁の取り合いが弱点のようで、雨漏りの発生リスクは通常の5倍にもなるそうです。



住宅瑕疵保険会社の大手である日本住宅保証検査機構(JIO)では
2010年7月から2016年6月までの保険金の支払いを認めた雨漏り事故案件を対象として
それぞれの雨水進入箇所で、軒の出があるかどうかを調査したデータによりますと
軒の出がない箇所での雨漏りが71.8%と、全体の7割を超えることが分かったそうです。


ちなみに、軒の出の有無の目安は、次の図が目安となります。
軒の場合は、柱芯から端部までが250㎜以下、ケラバと棟では、端部までの距離が150㎜以下を「軒の出がない」としています。

 

軒ゼロ屋根での雨漏りが多いのは、「片流れ屋根」「寄棟屋根」「切妻屋根」「腰折れ屋根」といった
屋根の形状の中では、片流れ屋根が75.8%と圧倒的に多く、さらにその雨水浸入箇所は
棟部分(頂部)が全体の半分以上を占めているそうです。

とくに、金属屋根材を採用した片流れ屋根の棟部で雨漏りが目だち
棟包みの水切形状や、外壁との取り合い部の防水対策が不十分なケースが多いようです。



逆に、最も雨漏り事故が少なかった屋根の形状は「寄棟屋根」だったそうです。
寄棟は、司法各面の屋根に勾配が付いている上に、雨水浸入の弱点となりやすいケラバが存在しないのも理由としてあります。
雨仕舞いの点においては、理にかなった屋根形状といえます。



栃木県宇都宮市にある「建築板金 神山」では屋根や外壁、雨樋などの外装リフォームを取り扱っております。

お問い合わせはこちらから


 

 

詳細はこちら

意匠を凝らした外壁の注意点

最近は、外観に意匠を凝らした住宅も増えてきています。
たとえば、1階はタイル張り、2階は吹き付けモルタルなどの上下階で異なる仕上げ材を使用している場合や
そのほかにも、近年では、いろいろな装飾を施した木造住宅が増えています。
外壁につけ足す装飾で目立つのは、凹凸をつけることで表情を与える「ふかし壁」や
パーゴラや付け柱などの化粧材を使用するケースです。


これらのデザインを取り入れた外壁は、境界部分から雨水が浸入しないような納まりが求められます。
また、建物本体の外側に、ふかし壁や化粧材を取り付ける際には外壁下地の防水層を破損しないような施工も必要となります。


ふかし壁は、建物本体の構造用合板を張ったあと、さらに間柱材や合板を組んでつけ足したもので
この部分は、建物本体側にも、ふかした壁側にも、防水シートを適切に施工します。

また、タイル張りのふかし壁も、通常の外壁と同様の防水施工をしたうえで
ラス網下地にタイルを貼るか、乾式工法のタイルを使用するようにします。

 


このように、施工段階で適切な防水対策がされていることがもっとも大切ですがその後の定期的なメンテナンスも大切です。
長く安定して住むためには、気になるところがあるときは建築施工会社に相談することをおススメします。



栃木県宇都宮市の「建築板金 神山」では屋根のリフォームや外壁、雨樋のリフォームに対応しております。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

●雨漏り放置はさまざまなトラブルの原因に!早めに対処するのが一番

現代は地球温暖化などの原因により、天気の異変が続いています。

急な激しい雷雨や大規模な台風、長雨など雨による自然災害の被害も増えています。

また、地震なども増えており、いつどんな災害が起きてもおかしくない状況となっています。

私たちの日々の生活を守ってくれる家が雨や風、地震に弱ければ大変!

特に家全体を守っている屋根はしっかりと丈夫であることが大切です。

雨が降った時にちょっとした天井のシミや雨漏りを発見したら早めに対処するのが一番。

たいしたことでは無さそうと放置してしまうと耐久性が弱くなり、災害時に大きなトラブルの原因となる場合があり、工事が大掛かりなものとなり多額の費用が掛かることになる可能性もあります。

雨漏り放置は建物の劣化を早めてしまうので信頼できる業者に依頼し、調査をしてもらいましょう。

信頼できる業者選びというのは最も重要。

知識と経験不足の修理業者や訪問販売業者は避ける事。

地域で確かな実績があり、納得のいく調査・見積もり金額の説明ができる業者を選びましょう。

栃木県宇都宮市で雨漏り修理や屋根リフォーム、雨樋リフォーム業者を行っているのが「建築板金 神山」。

優れたプロフェッショナルが在籍しており、長年に培ってきた経験と技術と知識で最適な施行をご提供します。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

 

詳細はこちら

●雨樋は家の腐食を防ぐ重要なもの!早めの工事で家を長持ちさせよう

雨樋とは雨から建物を守る重要なもの。

軒先や建物の端に取り付けられており、屋根から落ちる雨水を受け止めて、管や鎖を伝わらせ上から排水設備へと雨水を流します。

雨樋があることで雨水から建物を守り、建物の土台や外壁が傷むのを防いでくれます。

しかし、いくらしっかりと作られた雨樋でも年数が経過するとどうしても劣化や破損が起きてきます。

また、落ち葉やゴミや砂が詰まったり、厳しい自然環境の場所であればあまり年数が経過していなくても破損してしまう場合があります。

雨樋が壊れると雨漏りの発生を高めたり、近所の方や通行人の方に大量の水がかかるなどのトラブルを引き起こす可能性があり、多くのリスクがあり、メリットは何もありません。

最悪の場合は雨漏りだけではなくカビやシロアリ被害を発生させ、多額のリフォーム費用が掛かってしまう場合も。

雨樋は5年おきなど定期的な点検やメンテナンスを行うと安心。

もし少しでも破損や劣化に気づいた場合は早めに修理を行うことが大切です。

栃木県で雨漏りや雨樋のトラブルに困った時は宇都宮市にある「建物板金 神山」におまかせ!

一般個人宅からマンションまでこなし、ニーズに合わせた対応で安心して修理が行えます。

全て自社施行であり、最初から最後まで責任をもってサービスを提供。

資格を持った腕にこだわりのある職人が丁寧に心を込めて作業いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

 

詳細はこちら

メニューを開く