屋根の種類について

屋根とひとまとめに言っても、使われている材料は異なります。今回は屋根の種類を使われている材料別に紹介していきます。それぞれどんな特徴があるかも簡単に解説していくので、自分の家の屋根がどの材料を使っているのか確認してみてくださいね。

 

 

 

・瓦

 

日本家屋のほとんどが瓦を使っています。瓦のメリットは耐久性に優れている点で、50年から100年の耐久性を持っています。しかし瓦屋根は耐震性に弱いため、近年は使われることが少なくなってきました。

 

 

 

・スレート

 

屋根スレートは、「天然スレート」と「化粧スレート」の2つがあります。天然スレートは天然石を使用しているためコストがかかってしまいます。そのため、化粧スレートの方が一般的だと言えるでしょう。化粧スレートの耐用年数は10年から20年で、施工費が安いことから比較的多く使われます。

 

 

 

・金属

 

金属製の屋根には、トタン、ガルバリウム、ステンレス、銅屋、チタンなどがあります。ステンレスは耐久性や耐食性、強度に優れている屋根材として人気があります。銅屋は銅板を利用しており、加工性や伸縮性に優れています。チタン屋根は強度や熱反射性に時雨れていますが、加工しにくい面もあります。金属製の屋根は、平均40年から60年の耐用年数です。

詳細はこちら

鬼怒川温泉地の保育園工事です。

仕事でしか紅葉を見に行ったことがありません😃

詳細はこちら

屋根リフォームって必要なの?

屋根リフォームをしたことがあるという方はおそらく少ないと思います。そのため屋根リフォームって本当に必要なの?と思っている方は多いのではないでしょうか?そこで今回は、屋根リフォームがどうして必要なのか、簡単に解説していきます。

 

 

 

屋根リフォームを行わなければいけない理由は、屋根は比較的劣化が早い箇所だからです。屋根は雨や風、紫外線に常にさらされているため、それだけ劣化スピードも速くなっています。もし屋根が劣化してしまうと、雨水が室内に侵入してしまう可能性があります。そうならないためにも、屋根リフォームがとても大切なのです。

 

 

 

屋根リフォームを行うことで大きく2つのメリットが考えられます。

 

1つ目は雨漏りの防止です。雨漏りしてしまうと、家の中に雨水が入ってしまい、とても不快に感じますよね?雨漏りしてからでは遅いので、事前に屋根リフォームを行いましょう。

 

2つ目は外観の美しさを保てることです。屋根が劣化している場合、外観はとても綺麗とはいえません。外観によって家のイメージは決まってしまうので、屋根リフォームで外観を美しくできるのは大きなメリットになります。

詳細はこちら

屋根リフォームとは?

建物は、雨や風などの外的要因に常にさらされているため、時間が経つにつれてどうしても劣化してしまいます。そのため、定期的なメンテナンスを行い、必要に応じて適切なリフォームをしてあげることが、建物を長く使うために大切になります。今回は、数あるリフォームの中でも屋根リフォームに焦点を当てていきます。

 

 

 

屋根は私たちの家を雨風や直射日光から守ってくれているものなのですが、目に見えにくい場所にあるためなかなか劣化していることに気づきにくい箇所です。そのため、気付いた時には屋根がボロボロになってしまっているというケースも多くみられます。

 

 

 

屋根に登って劣化状況を見るというのは、素人には危険ですし難しいと思います。そこで活用したいのが屋根リフォーム業者です。屋根リフォーム業者を活用することで、屋根を常にいい状態に保つことが可能となります。

 

 

 

弊社は栃木県宇都宮市を中心に屋根リフォーム工事を行なっている業者です。一般個人宅からマンションまで幅広く屋根リフォームを行なっていますので、屋根の状態が気になる方はぜひ弊社までご連絡ください。

詳細はこちら

日光市のS保育園の工事始まりました。

こんにちは、先週から始まり

本日は雪が少し積もっています。

溶けて雨垂れのなか雨樋取り付けています。

冷たい!

でもやらなくては(。>д<)

建築板金神山

電話番号 028-667-4151
住所  栃木県宇都宮市鐺山町1713-2
電話受付時間 8:00~18:00 (日曜定休)

詳細はこちら

メニューを開く