屋根リフォーム

roof repair

屋根の重要性

(屋根の葺き替えのイメージ画像)

屋根は住まいを風雨や直射日光から守る場所です。
住宅の寿命は、屋根によって左右されるといっても過言ではありません。
定期的に手を加えなければ、新築時は美しい建物でも自然と老朽化してしまいます。
屋根にも寿命(耐用年数)があり、自然の過酷な状況下に晒され最も影響を受けやすい屋根ですが、 あまり普段は目にしない場所なので、意識して見てあげる事が大切です。

屋根リフォームの目的と種類

屋根の健康を取り戻すために、下地や屋根材の状態、また住まいに合った施工方法で、適切な屋根リフォーム工事をする必要があります。

カバー工法(重ね葺き)

既存の屋根材の上から新たな屋根材を乗せて二重屋根にする工事。
二重屋根ですと解体が不要で、費用も安く、工期も短いのが特徴です。
屋根材に錆やヒビが目立ってはいるものの、下地の傷みが少ない場合や施工可能な家屋の構造の場合に適しています。
遮音性や断熱性もアップしたい時におススメです。

カバー工法のメリット

  • 古い瓦の解体や処分が不要。
  • 廃材が少ないためエコなリフォームに。
  • 葺き替えと比較して解体時に大きな音や埃が立ちにくい。
  • 葺き替えと比較して費用が抑えられ、工事期間も短い。
  • 仕上げが二重になるため、遮音性と断熱性が高まる。

カバー工法のデメリット

  • 下地が腐食していても上から被せるのでそのままになってしまう。
  • 被せた分、屋根が重くなる。
アスベスト対策にもなるカバー工法

アスベストが含まれているものが昔のスレート瓦には多く、解体時に、粉じんを飛散させてしまうことがあります。
屋根を解体しないカバー工法なら、屋根材に含まれているアスベストが飛散せず、工事中もご近所の迷惑にならないので、アスベスト対策としてよく使われています。
リフォーム工事の手順は、防水シートを既存屋根の上に張り、屋根材の下に並べる垂木(たるき)を一定間隔で釘止めして、新たな屋根材を施工します。
※下地が腐って釘が打てない場合は、補修が必要になります。

葺き替え

屋根のカバー工法(葺き替え)の画像

既存の屋根材を撤去して新たな屋根材を乗せる工事。
既存屋根材や下地の解体が必要なので、費用も高く、工期も長いのが特徴です。
屋根材は勿論、下地まで傷んでい(腐食している)たり、雨漏りを既に起こしている場合は、下地のやり直しも含めて葺き替えをおススメします。

葺き替えのメリット

  • 表面の瓦だけでなく、下に敷いてある防水シートも交換するため、下地の腐食を補修することができ、屋根全体を健康に保つことが可能です。
  • 屋根材を軽いものにリフォームすれば、耐震性をアップさせることも出来ます。

葺き替えのデメリット

  • カバー工法と比較して、解体工事の手間で工事期間が長く、廃材の処分があるため費用が高くなります。
  • 解体による音や埃が原因でトラブルが起きることもあります。そのため細心の注意が必要です。

メンテナンス時期

過酷な環境下に日頃から置かれているだけに、傷みやすい箇所ですが、劣化したまま放っておくと、お家の老朽化を早める原因になってしまいます。
快適に末長く暮らし続けるためにも、定期的なメンテナンスと点検を心掛けましょう。

屋根材 点検時の目安 主な点検項目
粘土瓦 5~6年に一度 ズレ、割れ、苔がないか

屋根リフォームには、ガルバリウム鋼板がおススメ!!

屋根材「ガルバリウム鋼板」で葺き替えのメリット

屋根材と一口にいっても、その種類や使用材質は多岐に渡ります。
その中でも、カバー工法や葺き替えにおススメなのが、「ガルバリウム鋼板」。
軽さは通常の商品で日本瓦の約1/10です。

耐震性向上に務めるだけではなく、耐久性が高いフッ素樹脂塗料をコーティングしたものや、表面に遮熱塗料をコーティングしたものなどは、酸性雨にも色褪せし難く、美しさが長持ちしてくれます。
また、瓦の裏面に硬質ウレタンフォームを備えているものは、優れた断熱性を発揮。

屋根材を選ぶ時の留意点

既存の屋根材と違うものを選ぶなら、屋根の勾配にも注意が必要です。
種類により屋根材は必要な勾配が違います。
今の住まいにはどの屋根材が施工可能なのか、よく調べて適切な屋根材を選ぶことが必要です。
雨漏りを防ぐため、これは大事なポイントです。

換気棟の設置(おすすめ)

屋根リフォームの際、是非一緒にやっておきたいのが 「換気棟」 の取付けです。
換気が十分でないと結露が発生し易く、真夏には50度以上にもなる小屋裏。
小屋裏内部の換気性を良くするためにも、取付け工事も簡単な換気棟が効果的!
外壁面や軒下にも一緒に吸気のための換気口も取付けておきましょう。

足場の活躍(おススメ)

基本的に足場を掛けることが屋根リフォームでは多いため、外壁塗装や雨樋、2階雨戸の交換など、足場が必要となるリフォームを一緒にやるのがお得です。

豊富な知識と経験によるご提案と安心施工

屋根の塗り替えは、お家の現状をまず把握することが大切です。
豊富な知識を有する塗装の専門家が、外壁、屋根の傷み度合いを客観的に診断させていただき、適切なリフォームのご提案を「お客様の目線」でさせて頂きます。

豊富な知識と経験によるご提案と安心施工

メンテナンスシートを施工後に作成し、コンピュータに登録させて頂きます。
作成した情報を基に、定期的な点検を営業担当者が行い、アフターサポートをさせて頂きます。

メニューを開く